スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by クレアマム on --.--
Category :スポンサー広告

一週間がはやい

あっという間に、1週間がすぎていく。
やらなくちゃならないことばかり山積みになっているというのに、さきがみえないほどだわ。

といきなり、ぐちったってしょうがないので、きのうから、気分転換にすっごい久しぶりに、粘土をさわってみた。仙台に向けて、また一からやらなければならないことを思うと、うんざりしていたのだけれど、なんのなんの、粘土という気分転換があるじゃないか。

ため込んでいる粘土をひきずりだして、固まってないことを確認して、手始めに、簡単なジャスミンのはなをつくってみた。その次は、大好きなブルースター。慣れてきたら、バラの準備。

まったく、これが内職をしているみたいで、すごく嫌だったことを思い出してしまった。

で、急に、気分がわるくなったので、木の材料を引きずり出して、ベースなんかを塗ってみたりして、気分良くなるまでしばし粘土をさわらないようにしていたら、さっきまで乾いていなかった小さな花が、クーラーの除湿をかけていたおかげで、かなり乾いてきていた。

昔は、石粉ねんどのぼたっとした作品しか見たことなかったので、樹脂粘土の質の良い弾力と透明感にであって、急にやる気になってしまって習い始めた。粘土のおかげで、花びらのつき方とかを本物の花を見ながら作るようになり、絵を描く時も結構役に立っていると思われる。無駄ではなかったのでよかったよかった。

やっとかわいた小花が終わったら、葉をつくる。バラの葉と添え物の葉をいろんなサイズを適当に作っているんだけれど、慣れてくると、サイズが同じになってくる。手のぬき方もいろいろできるようになる。

そうやって作っていたら、以前と何となく取り組み方が違ってきたような気がした。
造形だけの場合はそれだけで勝負しなければならないので、アレンジ力が必要。

しかし、自分の絵を引き立てるための粘土造形の場合は分量や色、種類などすべての部分でバランスが必要なので、少し弱めに設定することになる。

そこのところは、今まで適当だったというより、粘土を覚えるだけで精いっぱいだったのが、それなりにできるようになって、全体の雰囲気を見る余裕が生まれたってことなんだろうと思う。
それに、絵のほうも思ったより以前より硬さが抜けてきたようで、好き勝手にそこそこかけるところまでやっと来た感じ。

だから仙台は、ちょっと前に進めるって、期待しながら製作してみようかな。


明日は、主人が友人たちと遊びに1泊旅行なので、町内のお祭りのためのソバの仕込みを一人でしなくちゃならない。だしは、明後日にしても、かえしだけはあした作って冷やしておこう。
スポンサーサイト
Posted by クレアマム on 25.2009   0 comments   0 trackback
Category :未分類

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://creamom.blog68.fc2.com/tb.php/37-592a900e

プロフィール

クレアマム

Author:クレアマム
佐藤才知子MDA(マスターデコラティブアーティスト)

90~91  ヴォーグキルトジャパン賞入選
ペイントクラフト ヴォーグ学園賞受賞
1999  SDPのCDA合格
2000  MDAストローク合格
2006  MDAフローラル合格
2010   ペイントクラフト 準グランプリ
2011 MDAスティルライフ合格
ソスペーゾトラスパレンテのモニカアレグロ先生から、日本で唯一、インターナショナル講師として認定される
トール、パッチ、メタルビーズ、ドールハウス、リボン刺繍などのクラフトが好きです

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。